907円 『有機みそ日本』は大豆10キロに対して米が8キロとなっており、他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります。 天然醸造!生味噌!大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ。 食品 調味料 みそ 豆みそ 食品 , 調味料 , みそ , 豆みそ,/fraudulentness1815777.html,907円,『有機みそ日本』は大豆10キロに対して米が8キロとなっており、他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります。,天然醸造!生味噌!大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ。,cosyfashionltd.com 有機みそ日本 は大豆10キロに対して米が8キロとなっており 他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります 大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ 5☆大好評 生味噌 天然醸造 有機みそ日本 は大豆10キロに対して米が8キロとなっており 他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります 大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ 5☆大好評 生味噌 天然醸造 907円 『有機みそ日本』は大豆10キロに対して米が8キロとなっており、他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります。 天然醸造!生味噌!大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ。 食品 調味料 みそ 豆みそ 食品 , 調味料 , みそ , 豆みそ,/fraudulentness1815777.html,907円,『有機みそ日本』は大豆10キロに対して米が8キロとなっており、他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります。,天然醸造!生味噌!大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ。,cosyfashionltd.com

有機みそ日本 は大豆10キロに対して米が8キロとなっており 他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります 着後レビューで 送料無料 大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ 5☆大好評 生味噌 天然醸造

『有機みそ日本』は大豆10キロに対して米が8キロとなっており、他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります。 天然醸造!生味噌!大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ。

907円

『有機みそ日本』は大豆10キロに対して米が8キロとなっており、他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります。 天然醸造!生味噌!大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ。





★塩分濃度:12.5% 
★麹歩合8 歩 (麹歩合とは)
★賞味期限:7ヶ月
保管方法直射日光を避け、冷暗所保管

★原材料:
・大豆(平成26年度秋田産) 
・有機米(平成26年度秋田県産)
  ・食塩(天日湖塩)
※ 麹歩合(こうじぶあい)とは?


原材料に麹歩合と書かれていますが、麹歩合(こうじぶあい)とは味噌のレシピで麹の割合がどれくらい占めるのか?というのを表したものでございます。

例えば味噌を仕込む前の大豆が10キロで麹が8キロのお味噌があるとします。

そうすると、麹歩合は8歩(はちぶ)となります。非常に通な言い方で、ワンランク上のお味噌が好きな方が好んで使います。

麹歩合が22歩とかですと、仕込む前の大豆10キロに対して麹が22キロのレシピになります。


麹歩合でお味噌の大まかな特徴と風味がわかる

麹歩合でお味噌の何の目安がわかるか?といいますと2点ございます。

・お味噌の風味の目安がわかる点
・お味噌のレシピがわかる点

上記の2つでございます。
 

お味噌の風味の目安がわかる点について 
お味噌は甘口タイプや辛口タイプ、中辛タイプを大まかに3つのタイプにわかれます。

お味噌屋さんはどういうふうに甘みのあるお味噌や辛口タイプのお味噌を表現するのか?といいますと麹の割合でコンセプトを決めます。

大抵、麹が多く入っていると、お米の甘みや、麹の香りが強くなる傾向にあります。

麹の割合(麹歩合)が少なく、大豆の量が多いと、大豆の旨味や食塩の塩味、大豆の力強い香りが強くなる傾向にあります。

また、甘口や辛口という表現でございますが、甘口と言っても、お味噌がお菓子のように甘いわけではなく、日本酒のように口当たりがよかったり、辛口タイプのお味噌は『キレ』があったりなかったりの『良し悪し』表現で甘口or辛口と表現します。

たいてい甘口タイプのお味噌は女性の方や育ち盛りのお子様、甘党でお菓子などの甘いものが好きなお客様に好まれます。

辛口タイプのお味噌は、働き盛りの男性の方や、お酒が好きな方、汗をかいたり、代謝が比較的大きい方に好まれる傾向のございます。

お味噌のレシピが分かることについて 

麹歩合によって、麹がどれくらい入っているのか?が分かります。
そのため、手造り味噌の目安になったり、このお味噌はどんな感じのお味噌なのかな?というのがわかりやすくなります。
お味噌屋さんはもともと積極的な意見交流、技術交換の多くなかった業界です。閉鎖的なお味噌屋さんにとって、麹のレシピなどをお伝えするのはお客様に少しでも情報をしっていただきたいなと思いまして、麹の割合を表記しております。

皆様のお味噌を買う時のポイントにされたり、手造り味噌の時の参考にしていただければ幸いでございます。



・地下水仕込み ・有機栽培 ・天然醸造 ・木桶仕込み ・生味噌 ・蔵付き麹菌 ★こちらの味噌について

※大豆の風味

 ◆自然栽培とは
自然栽培は、有機栽培とはまた異なります。農薬や化学肥料を使わないのは同じなのですが、育て方がまた違うのです。今回、自然栽培とは何なのかについて紹介します。

◆自然栽培とは?
無肥料・自然栽培とは?いろんな実践されている方がいらっしゃいますが基本的に3つの事が特徴に上げられます。

・農薬は一切使わないこと
・肥料を与えないこと
・種は自家採種を行うこと


※大きく分けてこの3点でございます。どの生産者の方々も土作りに魂を込めて農作物を育てております。
 

◆生みそタイプのお味噌について  

マルカワみそでは、チューブタイプ味噌を除いてはすべて、生みそとなっております。生みそは珍しく、通常お店で売っているものは加熱されているもので『生みそ』ではありません。それでは生みそについて解説させていただきます。

◆ 生みそタイプのお味噌とは?
みそタイプのお味噌とは味噌が生きていることを言います。味噌桶から掘り出したままのお味噌をカップに詰めた状態のことです。お味噌は麹菌の働きによって熟成が深まります。

しかし、麹菌の働きはいいことばかりではございません。食べごろの出荷時期になっても醗酵が進むために、お味噌の品質が変化することがしばしばございます。

そのため、品質の均一化を重点に置くならば、ある程度の熟成後は発酵菌の働きが止まった方がいい場合がございます。そこで、発酵菌の働きを無くすために、酒精などのアルコール成分や、お味噌を加熱殺菌処理をします。

発酵菌が死んでしまうと、確かに品質の均一化をすることができますが、そのかわりに、発酵菌が活きたまま、取り入れることができなくなります。

お味噌にこだわりがある方ならば、お味噌が生きている桶から取り出したままの生みそタイプの方がオススメでございます。お味噌の個性と毎日風味と香りが深まってく様子をお楽しみ下さいませ。


◆蔵付き麹菌について 

蔵付き麹(くらつきこうじきん)とは日本の醸造製法の一つで昔は当たり前に存在していた製法でございます。空気中には腐敗する菌もいますが、醗酵する菌も存在します。

マルカワみその味噌蔵では100年近くお味噌造りをしているために仕込み場の醗酵の麹菌の濃度が濃くなっております。

そのため、大豆などの穀物を用いて味噌蔵の中に置いておくと、醗酵の菌が付着しております。その付着した菌でお味噌や醗酵食品を作っております。純粋培養や薬剤処理とは無縁の麹菌でございます。 
 

◆地下水仕込みとは
自然にろ過された地下水

北陸福井では雪国であり、冬には雪が積りますその雪解け水が地下水となり、味噌蔵に来るときには自然にろ過されて、仕込み水として最高の品質になります。
たいてい良質な水を求めて、蔵元さんなどは山奥の麓や水がキレイな場所へ拠点を構えます。発酵食品の風味を決定ずけかねない水にはそれだけの価値がございます。

その理由は、日本酒などはほとんどが水分でございます。そしてお味噌の場合は味噌約1キロ仕込むのに5倍にあたる5キロのお水が必要になります。また、お味噌の水分は50%程でございます。そのため、味噌蔵として良質な仕込み水はマルカワみその原点でございます。

カルキ臭や塩素消毒とは無縁な水であり、もちろん毎年検査機関へ水質検査を実施しております。毎年厳しい冬が来て、その雪が春にとけて良質な水になってお味噌が仕込むことができます。このお水にいつも感謝の気持ちを込めて味噌作りに励みます。 
 

『有機みそ日本』は大豆10キロに対して米が8キロとなっており、他の味噌より大豆の香りが強い傾向にあります。 天然醸造!生味噌!大豆の風味が香るお味噌国産みそ日本600gマルカワみそ伝統のレシピで仕込んだ辛口みそ。